女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。4巻あらすじ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

 

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

4巻のあらすじを紹介します。

 

3巻のあらすじはこちらへ⇒過去記事へ

 

清水さん、丹生さんに挟まれて寝ることになったが、壮介は興奮して眠れない夜を過ごす。朝になり壮介と丹生さんはバイトへ向かう道すがら、

清水さんとはしてないよね?と尋ねられるが財布を忘れていた為アパートに戻る壮介。

 

ちょうどその時、清水さんは壮介としたHが忘れられず、1人エッチをしている。

エッチなことは禁止したのに・・こんないやらしい自分見たくない・・

そんな事を考えていても手は止まらずアソコはくちゅくちゅ音を立てる。息が荒々しく、イキそうになった瞬間

 

自分だけずるいですよ。このこと丹生さんに知られたくないなら一緒に気持ちいいことしましょう?

 

そして2人はまた激しく舐め合い絡みつく・・・

 

ハンディコミック[女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。]LP1※スマホ専用

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。4巻の感想

 

清水さんのエロさ満開のお話でした。4巻の時点でまだ壮介と最後までしてない(3巻では多分素股?)今回もシックスナインでフィニッシュだったので、挿入されたらどうなっちゃうんでしょう?狂う?

 

そんな清水さんですが、ちょいちょい毒を吐くとこがまた可愛らしくて可愛らしくて・・ツンの清水さん良いです!

 

5巻では丹生さんとのお風呂Hがあるので丹生さん好きにはオススメです、大胆で興奮しますよ~☆

 

⇒ 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。はこちら

移動先はハンディコミックです。巻と話どちらでも購入可です。

作者 鳩こんろ

作品名 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。~12巻まで配信中

コメントは受け付けていません。